大人の社会見学ニュース
 大人の社会見学ニュース

24年ぶりに奇跡の来日「バベルの塔」展 大友克洋の新作も

東京エリア
神奈川エリア
埼玉エリア
千葉エリア
他のエリア
デート向き
家族
編集長のお勧め!
大人の社会見学の新着30件






























24年ぶりに奇跡の来日「バベルの塔」展 大友克洋の新作も

このエントリーをはてなブックマークに追加




ネーデルランド絵画の傑作の展示
東京都美術館で4月18日(火)から、ボイマンス美術館所蔵 「ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―」が開催されている。
東京都美術館
この展示の目玉となる「バベルの塔」は、オランダのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館(通称ボイマンス美術館)が所蔵する、16世紀の絵画。細部にわたるリアルな表現や、想像を絶する壮大な構図で描かれ、ブリューゲルの最高傑作として名高い。

今回の展示では、この「バベルの塔」の他、同時代の絵画・彫刻など90点で、現在のベルギーとオランダにまたがる地方で14世紀末から16世紀末にかけて発展した「ネーデルランド絵画」の魅力を紹介する。

大友克洋の「バベルの塔の内部構造」がテーマの新作も
さらに、漫画家で映像監督でもある大友克洋の新作『INSIDE BABEL』が、会期中に展示室入り口で特別公開。この作品は無料で鑑賞できる。

大友はブリューゲルを好きな作家の1人に挙げており、作品は「バベルの塔の内部構造」をテーマとして、実際にボイマンス美術館を訪ねて取材し、学芸員と意見交換をなどを積み重ねて構想した。

開催概要
会場は台東区上野公園の東京都美術館。会期は4月18日(火)から7月2日(日)。毎週月曜日は休館日だが、5月1日は開室。展示の開室時間は9:30から17:30で、金曜日は20:00まで。入室は閉室の30分前までとなっている。

チケットは一般1600円、大学生・専門学校生1300円、高校生800円、65歳以上1000円。中学生以下は無料。

4月19日(水)、5月17日(水)、6月21日(水)はシルバーデーで65歳以上は無料となる。なお、毎月第3土・翌日曜日は家族ふれあいの日として18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住、2名まで)は一般当日料金の半額となる。

(画像はブリューゲル「バベルの塔」展WEBサイトより)


外部リンク

ブリューゲル「バベルの塔」展WEBサイト
http://babel2017.jp/


Amazon.co.jp : 東京都美術館 に関連する商品



  • 大正時代の恋愛事件をマツオヒロミの画と共に 弥生美術館(6月23日)
  • 都心の庭園で伝統的な七夕を 旧芝離宮恩賜庭園(6月23日)
  • 世界中から集まる絵本原画の入選作品を展示 板橋区立美術館(6月23日)
  • 霞ヶ浦上空70mの空の旅へ!「パラセーリング体験」(6月22日)
  • 週末の夜は工場の夜景観賞「工場夜景ジャングルクルーズ」(6月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    特集

    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ