大人の社会見学ニュース
 大人の社会見学ニュース

1300年受け継がれた絵本の歴史 国際子ども図書館展示会

東京エリア
神奈川エリア
埼玉エリア
千葉エリア
他のエリア
デート向き
家族
編集長のお勧め!
大人の社会見学の新着30件






























1300年受け継がれた絵本の歴史 国際子ども図書館展示会

このエントリーをはてなブックマークに追加




それぞれの時代における絵本の歩み
東京・上野公園にある国立国会図書館国際子ども図書館で、展覧会「日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで」が11月30日(木)まで開催している。
国立国会図書館国際子ども図書館

日本における絵入り本の歴史は奈良時代の絵巻が最古とされる。その後、絵巻物が平安時代から続く伝統形式となり、室町時代には冊子本が生まれ、江戸時代の版本草双紙へつながっていった。

明治維新後、約20年の近代日本の初期絵本は、草双紙の伝統を引き継ぎながらも、翻訳などで西洋の絵本も現れる。明治末期には印刷技術が発展し、多色刷りの出版物が増え、現代の絵本につながる動きが始まる。

この展示では、共催となっている、ちひろ美術館所蔵の絵本の原画(複製)や資料、さらに、国立国会図書館所蔵の古典籍資料や、国際子ども図書館所蔵の絵本・絵雑誌を通し、絵巻から現代の絵本までの歩みを紹介する。

期間中は、展示会の担当者が見どころを紹介するギャラリートークも行われる。日時は18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)。時間はいずれも14時から約30分。

開催概要
開催期間は11月1日(水)~11月30日(木)で、11月16日(木)から一部展示資料が入れ替わる。休館日は月曜日、11月3日(金)、11月15日(水)、11月23日(木)。開催時間は9:30~17:00。会場は国際子ども図書館のレンガ棟3階本のミュージアム。入場は無料。

(画像は公式WEBサイトより)


日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで|国立国会図書館国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2017-03.html


Amazon.co.jp : 国立国会図書館国際子ども図書館 に関連する商品



  • ドキュメンタリー写真家のユージン・スミス写真展 東京都写真美術館(11月24日)
  • 世界で最も美しい本コンクール入選図書を展示 東京・印刷博物館(11月23日)
  • 国立公文書館で企画展「江戸の花だより」(11月22日)
  • 銭湯の歴史や文化を堪能する9日間「東京銭湯ウィーク」(11月21日)
  • すみだ北斎美術館 開館一周年記念にめでたい北斎展(11月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->