大人の社会見学ニュース
 大人の社会見学ニュース

一生に一度だけ咲く「アガベ・サルミアナ・フェロクス」を見に行こう!

大人の社会見学の新着30件






























一生に一度だけ咲く「アガベ・サルミアナ・フェロクス」を見に行こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加




国立科学博物館 筑波実験植物園でにて見頃は6月末まで
「国立科学博物館 筑波実験植物園」にて、「アガベ・サルミアナ・フェロクス」の開花が宣言された。

この株が同植物園にやって来たのが1986年。34年前にやって来たものが、今回初の開花となった。見頃は6月末までを予想している。

植物園
次はいつ見られるか分からない貴重種
もともとこれは、リュウゼツランの仲間で、リュウゼツランと言えば「センチュリープランツ」と言って、100年に1度しか咲かない種があることで有名です。

今回はそのリュウゼツランの仲間の中でも、特に豪快な大型種で、花序は現在何と高さ6.65m!花芽が確認されたのが2019年12月だったが冬の寒さにも負けず、5ヶ月以上かけてゆっくり伸びた。もともと厳しい環境で生育するため、生長には時間を要すると言う。一度花を開花させると枯死するため、まさに「次はいつ見られるか分からない」、幻の花と言えるだろう。

6月の残りの休園日は29日のみで、7月は6日、13日、20日、27日となっている。入館料は一般・大学生が320円。高校生(高等専門学校生含む)以下と65歳以上は無料となっている。この機会に是非、貴重な植物の生態を観察してみてはいかがだろうか。


(画像は筑波実験植物園公式サイトより)


外部リンク

筑波実験植物園
http://www.tbg.kahaku.go.jp


Amazon.co.jp : 植物園 に関連する商品



  • メロン派?ピーチ派?「ザ ストリングス表参道」に2つのアフタヌーンティー登場(7月3日)
  • キキ&ララ45周年記念!超巨大プロジェクションマッピングを東京タワーで(7月2日)
  • ヨコハマで大人の贅沢なひと時を「海の見えるビアガーデン」 開催(6月30日)
  • 10組限定!夜の遊園地でキャンプができる「Night‐那須ハイCAMP」(6月30日)
  • 各種メディアで話題の「GREEN SPOON」から夏限定スムージー登場(6月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->